参院バリアフリー化へ れいわ新選組2人当選で

2019/7/25 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

参院議院運営委員会は25日の理事会で、参院選でれいわ新選組から重度の身体障害を持つ2人が当選したのを受け、参院のバリアフリー化を進めることで合意した。正面玄関に車いす用のスロープを新設し、本会議場の一部も改修する。議場内での介助者の付き添いや意思疎通に使うパソコンの持ち込みも認める。

参院選の比例代表で初当選した船後靖彦氏はALS(筋萎縮性側索硬化症)、木村英子氏は脳性まひで重度障…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]