国立大予算の成果反映拡大、財務省が要求 調整難航も

大学
2019/7/25 22:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国立大予算の改革をめざす財務省(東京・霞が関)

国立大予算の改革をめざす財務省(東京・霞が関)

国立大学への運営費交付金を巡り、財務省が大きな見直しを求めている。研究の生産性など客観的な指標に基づき、成果に応じて配分する枠を2019年度の700億円から1割以上上積みしたい考えだ。一方、大学の自己評価に応じて配る枠は295億円から減らす。前例踏襲の予算配分を改め、より柔軟で成果を追求する運営を促す狙いだが、安定財源を求める大学側の反発は必至だ。

【関連記事】国立大の随意契約見直しを 財制審の歳出改革部会

国立大学は全国に86校ある。19年度の運営費交付金は18年度と同額の1兆971億円だ。このうち約1000億円を評価による配分枠とした。

内訳はこうだ。700億円は、評価の高い論文をできるだけ少ない交付金で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]