文壇バーと夜の店 島本理生

プロムナード
2019/8/2 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

作家になって初めて知った場所の一つに、文壇バーがある。

都内に何軒か有名なところがあり、なんとなく純文学の関係者は新宿界隈(かいわい)に行き、エンターテイメント勢は銀座が多いという住み分けまである。

私は『群像』という純文学誌出身なので、新宿の文壇バーを案内されることが多かった。

カウンターの向こうに並んだボトルにはキープした著名人の名札が掛かっていて、興味深く眺めていると、いつの間にか違うテー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]