/

GINKAN、カード決済で仮想通貨たまる実証実験

ブロックチェーン(分散型台帳)企業のGINKAN(ギンカン、東京・港)は25日、三菱UFJニコスと組み、飲食店でのクレジットカードの利用額に応じて暗号資産(仮想通貨)を発行する実証実験を始めたと発表した。三菱UFJニコスの社員と一部加盟店を対象に約1カ月行う。飲食店の送客支援などに決済データを役立てる。

クレジットカード利用で金額の一部を仮想通貨で還元する(実証実験に参加する加盟店)

利用者はギンカンのグルメアプリ「シンクロライフ」上で、三菱UFJニコスのクレジットカードのウェブアカウントを連携する。シンクロライフは人工知能(AI)が利用者の位置情報や料理のジャンル、ページの閲覧時間などを基に、お薦めの飲食店を紹介するSNS(交流サイト)アプリだ。

7月からは加盟店で決済すると、QRコードを使って支払額に応じた仮想通貨を発行するサービスを始めた。カードの利用明細に決済が反映されてから15日以内に、アプリのウォレット(電子財布)に決済額の1~5%の仮想通貨がたまる仕組みだ。

ギンカンは2015年設立のスタートアップ企業。セレスやオリエントコーポレーションなどが出資している。3月に三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)のスタートアップ支援プログラムに採択され、今回の実証実験に至った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン