大昭和加工紙業、環境に優しい光沢紙 米ぬかインキ
わが社の一押し

2019/7/25 13:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ヤマハグループが運営する高級リゾート「葛城北の丸」(静岡県袋井市)は4月、リゾートの屋根瓦をモチーフにした瓦せんべいを入れる化粧箱に淡い輝きの高級感あふれる光沢紙を採用した。

日本製紙グループで紙の加工や紙素材の生産を手がける大昭和加工紙業(静岡県富士市)が2015年に開発した「ライスパール光沢紙」だ。

真珠のような輝きを放つパッケージ用板紙は一般に石油が原料のインキを印刷する。ライスパール光沢…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]