/

この記事は会員限定です

[FT]英ジョンソン政権、EU離脱強硬派の顔ぶれ

[有料会員限定]
Financial Times

メイ政権閣僚15人の辞任を受け、英国首相に就任したボリス・ジョンソン前外相は24日夕、新内閣のメンバー発表に入った。

ジョンソン氏は、プリティ・パテル元国際開発相やドミニク・ラーブ元欧州連合(EU)離脱担当相、スティーブン・バークレイ前同相など数人のEU離脱強硬派を閣僚に起用したが、ベン・ウォレス前治安担当閣外相やアロク・シャーマ前雇用担当閣外相などEU残留派だった面々も含まれている。

財務相には...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2321文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン