/

この記事は会員限定です

吉本興業、タレントと原則契約書 闇営業問題受け

[有料会員限定]

所属タレントが反社会的勢力のパーティーで会社を通さない「闇営業」をしていた問題に絡み、吉本興業ホールディングス(HD)が今後、原則として書面の契約書を取り交わす方針を決めたことが25日、分かった。ただ、タレントが希望した場合は口頭による契約も認めるとしており、書面での契約がどの程度徹底されるかは不透明だ。

吉本興業は所属するお笑い芸人に対して、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り490文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン