/

未投票者を済みと不正処理 愛知・岩倉、職員に指示

21日投開票の参院選で、愛知県岩倉市の課長級の男性職員(54)が、投票していない有権者を投票済みと不正処理していたことが25日、市選挙管理委員会への取材で分かった。交付した投票用紙の枚数が投票者より1人分多くなっているのを隠そうと、別の職員に指示した。男性職員は「ミスの発覚を恐れてした」と話しているという。

市選管によると、男性職員は21日午後6時ごろ、担当した市内の投票所で愛知選挙区の投票用紙が交付機に残されているのに気付いた。「受け付け後、有権者に交付し忘れた」と勘違いし、白票のまま自ら投票した。

その後、受付人数と投票数の食い違いが判明。午後7時半ごろ、予備の入場券に投票を済ませていない男性市民の氏名と生年月日を選挙人名簿から記入し、受け付け済みと処理するよう別の職員に指示した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン