日本郵船、米シティと提携 船員向け電子マネーで

2019/7/25 11:44
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ジャカルタ=吉田啓悟】日本郵船は米シティバンクと提携して、世界各地でほとんどの通貨に換金できる電子決済サービスを始める。フィリピンの物流企業と合弁会社を設立して、日本郵船が運航する商船の船員向けに電子決済を提供し、シティのATMで換金できるようにする。フィリピンの中央銀行に電子マネーの発行業者の認定を申請しており、2020年初めにもサービスを開始したい考えだ。アジア各国では比較的所得の高い船員…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]