2019年9月23日(月)

米、欧州の共同護衛案を歓迎 ホルムズ海峡

2019/7/25 6:51
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=永沢毅】エスパー米国防長官は24日、欧州諸国が独自に検討している中東・ホルムズ海峡を通る船舶の共同防衛案について、米国が提唱する有志連合構想を「補完する内容だ。助けになる」と述べ、歓迎する意向を示した。米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長も訪問先のアフガニスタンで同様の認識を示した。

エスパー国防長官は欧州主導のホルムズ海峡での船舶防衛構想を歓迎した=AP

エスパー氏は国防総省で「航行の自由を確かなものにし、挑発的な行動を認めないというメッセージを送るのが大事だ」と語った。欧州諸国による共同護衛案は英国が提案し、フランスやイタリアなど賛同国が広がっている。米国としては協力の枠組みにとらわれず、航行の安全が確保されて米の負担軽減につながれば良いとの判断もあるとみられる。

米国は25日に南部フロリダ州タンパにある米中央軍司令部で、有志連合を巡る2回目の説明会を開く。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。