米ボーイング3100億円赤字 4~6月、主力機停止響く

2019/7/24 22:01
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=中山修志】米航空機大手ボーイングが24日発表した2019年4~6月期決算は、最終損益が29億4200万ドル(約3100億円)の赤字だった。新型機「737MAX」の墜落事故による出荷停止などで売上高が35%減少した。フライトの欠便に対する航空会社への補償費用も響いた。

「737MAX」の出荷停止で4~6月の引き渡しは前年の半分以下にとどまった(米ワシントン州の組み立て工場)=AP

前年同期は21億9600万ドルの黒字だった。四半期ベースの最終赤字は16年4~6月期以来。

737MAXは事故前までボーイングの商用機の受注の7割を占め、売上高の3割、営業利益の5割近くを稼ぐ主力機だった。同機の出荷停止に伴い、4~6月の引き渡しは90機と前年同期(194機)の半分以下に落ち込んだ。

同機便のキャンセルや出荷の遅れによる航空会社への損失補償の費用として、4~6月期に49億ドルを計上した。補償額は19年10~12月に運航再開が認められると仮定して算出した。運航停止が長引けば費用がさらに膨らむ可能性もある。

軍用機部門は売上高が前年同期比8%増、営業利益が2.6倍と好調だった。サービス部門の営業利益も2ケタ伸びた。デニス・ミューレンバーグ最高経営責任者(CEO)は「737MAXの安全性と品質向上に努め、運航再開に向けて注力する」とコメントした。

13年にバッテリーの発火・発煙事故で米連邦航空局(FAA)から運航停止措置を受けたボーイングの中型機「787」の場合、同社が提案した安全対策をFAAが認め、約4カ月後に運航が再開された。

3月半ばに始まった737MAXの停止はすでに4カ月を超えたが、FAAの安全審査に時間がかかっている。米航空各社は同機を11月初旬までの運航スケジュールから外しており、航空業界では年内の再開は難しいとの見方も出ている。運航再開のめどが立たないため、ボーイングは業績見通しを示していない。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]