/

この記事は会員限定です

日産が大幅減益、カリスマなき復活の険しい道

証券部 岡田達也

[有料会員限定]

日産自動車が苦境にあえいでいる。25日発表した2019年4~6月期の連結決算は純利益が前年同期比94%減の63億円だった。米国など主要市場で販売不振が続いている。生産能力の削減を軸にした再建策を準備するが、ブランド力の回復と技術の進化は一朝一夕には行かない。かつて元会長のカルロス・ゴーン被告は大胆なリストラにより日産を復活へと導いた。カリスマなき今、日産は再び成長力を取り戻せるのか。

西川広人社長兼最高経営...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1272文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン