豪州株、12年ぶり最高値更新 低金利で

アジアBiz
2019/7/24 20:52
保存
共有
印刷
その他

【シドニー=松本史】オーストラリアの代表的な株価指数オールオーディナリーズ(全銘柄株価指数)は24日、前日比0.73%高の6862.4で引けた。2007年11月以来、およそ12年ぶりに過去最高値(終値ベース)を更新した。豪準備銀行(中銀)は7月、2会合連続で利下げし、豪州の政策金利は史上最低の1%となり、株高につながっている。

AMPキャピタルのチーフエコノミスト、シェーン・オリバー氏は低金利などにより投資家心理が上向いていると指摘し、「(政府によるインフラ投資など)景気刺激策が経済成長を手助けするとの見込みもある」と話す。24日は時価総額が大きい金融株の上昇が目立った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]