東京応化工業、対韓輸出規制の影響「当面は軽微」

2019/7/25 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

半導体製造用材料大手の東京応化工業は、日本政府による対韓国輸出の規制強化について「当面の影響は軽微」との見方を明らかにした。同社が高いシェアを持つレジスト(感光材、フォトレジスト)のうち、輸出規制が強化されたのは極めて波長の短い紫外線を使う「EUV」用に限られる。同社のEUV用は台湾向けが大部分で、韓国向けは少ないという。

EUVレジストはスマートフォン用の集積度が非常に高いチップなどの生産に使…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]