東京ムーブメント

フォローする

高齢者演劇、台本作りの参加者募集 20年に都内で披露

2019/7/25 12:30
保存
共有
印刷
その他

東京都は高齢者が芝居や踊りを見せながら都内各地を回る「ツアー型演劇」に関し、2020年に予定する公演を前に台本作りのワークショップを今年9月に開く。65歳以上の都内在住者を対象に、参加者募集を始めた。人生経験や東京の歴史について話し合ってもらい、構成や場所選びに役立てる。簡単な演技の練習もし、参加者の一部は本番にも出演してもらう。

アルゼンチンでの高齢者演劇の様子

20年東京五輪・パラリンピックに向けた都と東京都歴史文化財団の機運醸成事業の一環として実施する。

9月14、17日の午前と午後の計4回、3時間のワークショップを開く。各回15人の高齢者に参加してもらい、参加者同士で個人や東京の歴史を共有する。アルゼンチン出身の演出家、マルコ・カナーレ氏が参加者の証言や史実、フィクションを交えて独自の作品に仕上げる。

制作した作品は20年春に公演予定だ。ワークショップの話し合いの様子や作品づくりの過程も撮影し、ドキュメンタリー映像にする。カナーレ氏はアルゼンチンやドイツで同様の高齢者演劇を展開している。

東京ムーブメントをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

東京ムーブメント 一覧

フォローする
JR東日本の駅案内AIサイネージ


 五輪開幕まで半年となり、大会を成功に導くための準備もヤマ場に差し掛かる。海外からの観客が利用しやすいように東京の交通機関などは外国語対応を進め、「おもてなし」を担うボランティア研修も本格化。全国各地 …続き (1/25)

東京五輪・パラリンピックの日本代表選手団公式服を披露するパラアーチェリーの上山選手(左)と競泳の瀬戸選手(23日、東京都千代田区)

 伝統の「日の丸」カラー、暑さ対策や共生の理念も考慮――。2020年東京五輪・パラリンピックの公式服が23日、公開された。「ニッポンを纏(まと)う」をコンセプトに、日の丸をイメージさせる赤白と日本古来 …続き (1/23)

探知犬が駅を巡回して爆発物をかぎ分ける(JR東日本とJR東海が東京駅で実施した実験、2019年12月)

 JR東日本JR東海は今夏の東京五輪・パラリンピックに向けて、7月までに東京駅などの主要駅で新幹線の乗客の手荷物検査を始める。テロ対策の一環で、駅の改札前などで爆発物の探知犬を使い警備会社や警察など …続き (1/23)

ハイライト・スポーツ

[PR]