トイレに貼って抗菌消臭 琴平に機能性シート寄贈

2019/7/24 20:15
保存
共有
印刷
その他

トイレのふたに貼れば抗菌・消臭効果が得られるシート「アドレット」を開発するフラッグス(熊本市)などは24日、琴平町観光協会にアドレット60枚を寄贈した。ノロウイルスや手足口病の拡散を防げるという。四国での導入は初めてで、観光客の多く訪れる琴平を足がかりに四国での利用を促していく。

琴平のトイレにアドレットを導入した(24日、香川県琴平町)

アドレットは抗ウイルス効果を持つ特殊な塗料を使用。洋式トイレのふたの裏側に貼り付け、ふたを閉めてから流せば細菌を閉じ込め殺菌することができる。

1枚1800円(税別)で半年間機能が継続する。熊本を中心に広島でも販売されており、四国では紙袋の取っ手製造を手掛ける松浦産業(香川県善通寺市)が販売を代行する。

寄贈式ではスポンサーとなっている鷺岡漢方堂薬局(香川県丸亀市)の鷺岡志保社長が、琴平町観光協会の西村好平会長にアドレットを渡した。琴平表参道沿いの店舗で導入していく予定。松浦産業の松浦英樹副社長は「効果を得るにはトイレのふたを閉めて流す習慣が大切」と話した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]