バリアフリー化で外出促す アクセシブル・ラボ代表
人物ファイル

2019/7/24 19:25
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

車いす対応をうたうトイレでも、手すりの位置が左右非対称だったり、幅が広すぎたりすると障害者にとってはバランスがとりにくい。宇都宮市のNPO法人「アクセシブル・ラボ」はこの種の不便をなくそうと、企業へのコンサルティングなどを通じバリアフリー化を推進している。代表の大塚訓平さんは「車いすの人たちの外出が増えれば経済が回る」と話す。

宇都宮市で生まれ育ち、大学卒業後に不動産会社に就職。中学生の頃からの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]