岡谷熱処理工業、金属熱処理装置を大型化 ひずみ抑制

2019/7/24 19:17
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

金属熱処理・表面処理の岡谷熱処理工業(長野県岡谷市)は、金型製造時の熱処理で発生するひずみを抑制する大型装置を開発した。従来に比べて、約4倍大きなサイズの金型などを熱処理できる。自動車業界を中心に金型を大型化する動きが広がっていることに対応した。熱処理した金型の平面度を測定する装置の開発にも着手し、品質保証を強化する。

プレス加工などに使う金型を作る際、最後に熱処理して硬くするが、曲がったり反っ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]