/

SL、エレベーターを選定 機械遺産に5件追加

日本機械学会は25日付で、今年の「機械遺産」に京都鉄道博物館の蒸気機関車(SL)、福井県の旧大和田銀行が設置した初期の国産エレベーターなど5件を選んだと発表した。機械遺産は今回で計99件となった。

 福井県敦賀市の銀行に設置されていた初期の国産エレベーター(日本機械学会提供)=共同

SLは1880~1948年製造。博物館内の車庫で展示されており、動く状態で保存されている車両もある。

エレベーターは1925~26年の製造で、現在は福井県の敦賀市立博物館に保存されている。定員8人で、運転手が操作するタイプ。かごをつるロープが切れる事故に備え、落下を食い止める装置が付いていた。

岩手県の田瀬ダム(54年完成)に備わる貯水を河川に流す「高圧放流設備」、20世紀初期に国内有数の産油量を誇った新潟市の新津油田金津鉱場、急傾斜のミカン畑などで果実を運ぶため岡山市の企業が66年に発売したモノレールを利用する運搬機を選んだ。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン