/

NHK、朝ドラ放送を週5日に縮小

NHKは24日、月曜から土曜まで週6日放送している朝の連続テレビ小説について、2020年春スタートの朝の連続テレビ小説「エール」から土曜日の放送をやめ、週5日の放送に縮小すると発表した。働き方改革の一環で、高精細な「4K」の番組が増えるなか、現場の業務負担を軽減する。

木田幸紀放送総局長が24日の定例会見で明らかにした。「エール」はフルハイビジョンより高い解像度を誇る「4K」で撮影することが決まっている。木田氏は「4Kドラマは2Kよりも、編集作業に時間がかかる場合があり、制作時間が延びることが予想される」と理由を述べた。

短縮された土曜日の放送枠にどのような番組を流すかは検討中という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン