/

この記事は会員限定です

ブロックチェーンで社債取引 野村が小口発行後押し

[有料会員限定]

野村ホールディングス野村総合研究所(NRI)は有価証券の取引をブロックチェーン(分散型台帳)で管理する仕組みを共同で開発する。まず企業が発行する社債を対象とし、2020年夏の実用化を目指す。ブロックチェーンの活用で事務負担やコストを軽減し、より少額での起債を企業に促す。小口での売買もしやすくなるため、社債市場の活性化につながる可能性がある。

野村とNRIは8月にも新会社を設立し、ブロックチェーンを使った取引基盤を整える。新会社に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1031文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン