2019年9月19日(木)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,245.13 +284.42
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
21,980 +180

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「FOMC解説」[映像あり]

三菱UFJ銀行 鈴木 敏之

9月19日(木)08:30

崔真淑のサイ視点「粉飾決算を見抜く3つの作法」[映像あり]

GOB Incubation Partners CFO 村上 茂久

9月18日(水)14:19

[PR]

業績ニュース

LINE最終赤字266億円 スマホ決済投資で
1~6月期

2019/7/24 20:30
保存
共有
印刷
その他

LINEが24日発表した2019年1~6月期の連結決算(国際会計基準)は最終損益が266億円の赤字(前年同期は29億円の黒字)だった。スマートフォン決済で大規模なキャンペーンを行い、先行投資が膨らんだ。稼ぎ頭の広告事業では新たに導入した商品が下期から本格的に収益に貢献する見通し。決済への先行投資をどこまで補えるかが焦点となる。

売上高にあたる売上収益は11%増の1107億円だった。対話アプリ内に表示するディスプレー広告の売り上げが25%伸びたほか、企業が新製品の販促などに使う公式アカウントの開設件数も増えた。

5月にスマホ決済「LINEペイ」で、利用者同士が1000円相当を送り合えるキャンペーンを実施し、約300万人の新規利用者を獲得した。これらの費用負担で営業損益は218億円の赤字(前年同期は103億円の黒字)になった。

LINEペイの月間利用者数は490万人、決済の加盟店などは171万カ所に達したという。

広告事業では下期から、対話アプリのトーク画面上部に、利用者に合わせた動画などを配信する「スマートチャネル」を本格的に始める。国内の15~29歳の9割が毎日見る媒体として広告主に訴求する。

19年12月期通期の業績予想は公表していない。出沢剛社長は決算説明会で「スマホ決済など戦略事業への投資は第2四半期がピークになる」と説明した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。