2019年9月21日(土)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,079.09 +34.64
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
21,910 +40

[PR]

業績ニュース

日産が1万2500人削減、22年度まで 会見ドキュメント

企業決算
日産の選択
2019/7/25 15:04 (2019/7/25 17:23更新)
保存
共有
印刷
その他

日産自動車が25日発表した2019年4~6月期連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が前年同期比99%減の16億円だった。主力市場の米国の販売低迷や自動運転など次世代技術の開発費の増加が響いた。また22年度(23年3月期)までに計1万2500人を削減することやグローバル生産能力を10%減らすことなどの構造改革も発表した。

【関連記事】日産が大幅減益、カリスマなき復活の険しい道

午後4時から横浜市内の本社で開いた決算会見には、西川広人・社長兼最高経営責任者(CEO)や軽部博・最高財務責任者(CFO)が出席した。経営陣の声をタイムライン形式でまとめた。

【17時00分】会見が終了

【16時55分】「責任の大きなマイルストーンは果たした」

西川社長は自らの果たすべき経営責任について「新しい委員会体制が始まり、私としても責任の大きなマイルストーンは果たしたと思っている。できる限り早い段階で、指名委員会に後継の議論をしてもらい、次世代がマネジメントを始められる状況を作っていきたい。今日話した売上高14.5兆円の目標など、この部分を軌道に乗せるのはこれまでやってきた人の責任で、今まさにやっている最中だ。残っている宿題や次の準備というのは次世代のみなさんにやってもらいたい」と述べ、後継者選びを本格化させる意向を示した。

【16時52分】「米販売計画は140万台程度」

西川社長は米国市場や日産のシェアの見通しについて「全体の需要は慎重にみている。今年度の販売台数は計画からあまり極端に増やすことは考えていない。20年3月期の米国での販売台数はインフィニティを含めて140万台程度で十分と考えている」と話した。

【16時47分】「海外工場での停止などありえる」

工場の売却や閉鎖、停止などの可能性について、西川社長は「ある工場ではラインの1つを止め、場所によっては両方止めることもある。ざっくり申し上げて不採算を抱えている海外のラインになる。海外拠点、特に『パワー88』(カルロス・ゴーン元会長が12年3月期から始めた数量拡大主義が中心の経営計画)の期間中に投資して小型車をやっていたところ、とご理解頂けるとありがたい。ここというと決めてしまうことになるが、車では新興国向けブランドである『ダットサン』と申し上げた。小型車で海外拠点、パワー88で拡充したところというと、もうおわかりかもしれないが」と話した。

【16時40分】「人員削減で新たに400億円程度の費用発生も」

1万2500人の削減は今の業績予想に織り込んでいるのかを問われ、西川社長は「引き当てたものもある。私がここでやるといったら引き当てなければいけなくなるが、これから必要なものは引き当てるという段階だ」と述べた。続いて軽部CFOが「昨年までで人員削減費用として特損400億円強を引き当てている。(新たに決めた)今後の削減分については同程度の費用を覚悟している」との見通しを示した。

【16時25分】「下期で挽回できる」

厳しい業績動向を問われ、西川社長は「やや想定外な部分もあったが、今期下期で挽回できる。今後、全体の需要で想定外のことが起こらない限り下期に期初の想定まで持って行くことは十分可能だ」と語った。

【16時15分】「人員を23年3月期までに計1万2500人削減する方針」

日産は中計の最終年度である23年3月期までのコスト削減額として計3000億円を計画している。西川社長は主な合理化策について「すでに19年3月期、20年3月期途中までで進めてきているが、生産ラインの停止などによる生産能力の削減を8カ所で実施している。今後、さらに6カ所でライン停止や工場停止など能力の削減を進めていく」と話した。加えて「人員の削減数は現在8拠点で6400人以上、21年3月期から23年3月期での間にさらに6拠点で6100人以上、合計1万2500人以上削減する方針だ」と構造改革を急ぐ考えだ。

【関連記事】日産、1万2500人規模を削減 全従業員の1割弱

【16時13分】「2年で業績回復へ」

西川社長は今後の業績見通しについて「2年か3年、できれば2年で回復させていく」と強調した。

【16時10分】「23年3月期の営業利益率目標は6%」

西川社長は23年3月期までの中期経営計画について「5月に売上高目標を14.5兆円とし従来から2兆円下方修正させて頂いた。売上高営業利益率は6%(従来目標は8%)の予定だ。14.5兆円の売上高でいくと、グローバル生産台数で600万台程度(19年3月期は約536万台)であればマージンが得られるということになる」との見解を話した。

【16時5分】「4~6月期営業利益は想定を少し下回った」

冒頭、軽部CFOが足元の業績について「今年度の後半から収益の回復を見込んでいる。4~6月期の営業利益は厳しい結果を予想していた。結果は想定を少し下回った」と説明した。

【16時00分】決算会見始まる

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。