海洋プラごみ、見えぬ実態 沈降などで実測調査難しく

2019/7/25 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

海洋プラスチックごみ(海洋プラごみ)による汚染問題が世界で関心を集めている。6月末に開かれた20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)では主要議題の一つとなり、2050年までに新たな汚染をゼロとする目標を決めた。ただ関心の高さとは裏腹に、汚染の実態はほとんど分かっていない。把握できなければ効果的な対策を打てない。広く深い海のどこにたまっているのか、調査は始まったばかりだ。

海洋プラごみは海に流…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]