2019年9月23日(月)

ソフトバンク、初の自社株買い、上限740億円

2019/7/24 20:30
保存
共有
印刷
その他

ソフトバンクグループの国内通信子会社、ソフトバンク(SB)は24日、初めての自社株買いを実施すると発表した。4600万株、740億円を上限に市場から買い付ける。「ストックオプション(新株予約権)の権利行使に伴い交付する株式に充当するため」としている。

SBは同社役員や従業員に2020年4月から権利行使できるストックオプション(最大1億1700万株相当)を付与していた。これが権利行使されたときに新株を発行すると株式価値が希薄化してしまうため、自社株買いで取得する株式を充てることにした。

買い付け上限の4600万株は発行済み株式総数の0.96%に相当する。取得期間は8月6日~20年3月31日。買い付けた株式はすべて新株予約権が行使されたときに交付する方針で、消却はしない。

SBは18年12月に東証1部に新規上場した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。