清水建設、洋上風力建造船に500億円設備投資

2019/7/24 15:26
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

清水建設は24日、約500億円を投じて洋上風力発電用の風車を建設する専用船「SEP船」を造ると発表した。総トン数は2万8000トンで世界最大級となる予定。8月にも着工、2022年10月の完成を目指す。完成後、年間500億円の洋上風力関連の工事受注を目指す。

SEP船は海底に柱を据え、船体を海面から持ち上げて作業する専用船だ。波の影響を受けなくなるため、安定して洋上での建設工事ができるようになる。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]