死亡男性は21歳大学生 大阪・高槻の倉庫火災

2019/7/24 9:30
保存
共有
印刷
その他

大阪府高槻市の産業廃棄物収集運搬会社「今村産業」の倉庫が燃え3人が死亡した火災で、大阪府警捜査1課は24日までに、当日現場で見つかった遺体について、大阪市城東区放出西1、大学生、今村圭作さん(21)と判明したと明らかにした。今村さんは同社専務の次男。

火災は6日夜に発生。今村さんのほか、同社取引先の「MonotaRO(モノタロウ)」(兵庫県尼崎市)社員の山西潤さん(36)=大阪府東大阪市=と、モノタロウの取引先社員(50)とみられる男性が死亡した。山西さんの次男(13)も一時意識不明の重体だったが、回復して20日に退院した。

捜査1課によると、4人は金づちを使ってスプレー缶の処分をしていたとみられる。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]