2019年8月25日(日)

バフェット氏との5億円ランチを延期 仮想通貨創設者

2019/7/24 7:47
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=宮本岳則】仮想通貨(暗号資産)「トロン」創設者のジャスティン・サン氏の関連団体は22日、著名投資家ウォーレン・バフェット氏との昼食会を延期すると発表した。サン氏が腎臓結石を患ったことが理由とされるが、突然の延期にサン氏が中国を出られなくなったのではないかとの臆測も出た。

バフェット氏は仮想通貨に懐疑的な姿勢で知られる=ロイター

バフェット氏は仮想通貨に懐疑的な姿勢で知られる=ロイター

「トロン」を運営するトロン財団が明らかにした。サン氏は仮想通貨に対して懐疑的なバフェット氏との昼食会を過去最高の456万7888ドル(約5億円)で落札し話題となっていた。サン氏は仮想通貨技術の将来について説明し、バフェット氏の見方を変えたいと意気込んでいた。バフェット氏も「楽しみにしている」とのコメントを発表していた。

突然の延期は大きな話題となった。財団が延期を発表する直前にサン氏がツイッターで、仮想通貨業界の関係者の名前を挙げ、3日後の昼食会に招くとつぶやいていたからだ。一部の中国メディアはサン氏が違法な資金調達に関与した疑いで、中国を出られなくなっているなどと報じた。サン氏はライブ映像を配信して疑惑を否定している。

中国・北京大出身のサン氏は米ネット関連企業ビットトレントの最高経営責任者(CEO)を務める。米フォーブス誌の2017年版「30歳以下のアジアを代表する企業家30人」に選ばれたこともある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。