2019年8月19日(月)

プロ野球

日本ハム・金子、快挙を期待させた6回無安打無失点

2019/7/23 23:45
保存
共有
印刷
その他

七回裏、日本ハムのマウンドには金子ではなく、左腕・公文が登場した。「えっ、交代なの?」という声が聞こえてきそうな、ざわめきが球場内に波を打つ。ヒットを1本も許さず、涼しげに投げ続けてきた金子の雄姿をもう少し見ていたい、と願う神戸のファンの思念が起こした波のようでもあった。

【23日のプロ野球 結果と戦評】

6回を無安打無失点で4勝目を挙げた日本ハム・金子=共同

6回を無安打無失点で4勝目を挙げた日本ハム・金子=共同

「立ち上がりから飛ばした」という初回から、投球内容はほぼ完璧だった。味方が先制点を奪った直後、相手の追撃の意欲を砕くように変化球、直球をコースに決め、内野ゴロ3つで滑り出す。

「全体的によかった」とすべての球種を自在に操る中でも、特にチェンジアップは全盛期を思わせる切れ味で、オリックス打線から4三振を奪った。うち2つは4番ロメロから。腰が砕けたようにバットが空を切るさまは、なすすべなしの印象を相手に与えた。

二回、六回に1つずつ与えた四球を「悔いが残る」と言いながらも、6回での降板には「ちょっとばててしまって……」と気にしていない口ぶり。「本来ならもう少し長く投げないといけないが、次の登板につなげられるように」と語り、自身のミッションは無安打無得点試合ではなく、別のところにあると示唆した。

オリックスの元エースは今季、日本ハムに移籍し、これが18試合目の登板。先発で12試合、中継ぎで6試合をこなし、難しい役回りを淡々とこなしている。6月8日以来の4勝目は今季最多の92球で手にした。7月に入り12勝4敗とペースを上げて首位を追うチームには、この右腕の快投が欠かせない。

(影井幹夫)

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

6回巨人無死一塁、打者小林のときに増田大が二盗。遊撃手木浪(18日、東京ドーム)=共同

 プロ3度目のスタメン出場だった巨人の増田大が、課題の打撃で猛アピールした。四回、左越えに先制の2点三塁打。安定した守備と俊足を買われた伏兵の一振りで、試合の主導権をがっちりと握った。
【18日のプロ野 …続き (18日 19:21)

8回ヤクルト2死二塁、代打荒木が右前に適時打を放つ(18日、神宮)=共同

【ヤクルト3―2中日】ヤクルトは三回にバレンティンの適時打などで2点を先行し、八回は代打荒木の適時打で1点を加えた。ブキャナンが8回無失点で3勝目。中日は八回まで散発4安打。九回にハフから4長短打で1 …続き (18日 21:13更新)

二回、筒香が右中間に通算200本塁打となる2ランを放つ=共同

 一回1死無走者。初対戦となる広島のモンティージャは190センチ、115キロという大型左腕だったが、DeNAの2番・筒香は迷いなく打席に立った。初球の154キロを難なく中前にはじき返し、連敗中は繰り出 …続き (17日 23:30)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。