/

この記事は会員限定です

コンビニ、複数店経営優遇 「1店1オーナー」経営厳しく

18年度、本社調査

[有料会員限定]

コンビニエンスストア各社で加盟店を支援する動きが広がってきた。日本経済新聞社がまとめた2018年度のコンビニ調査で、フランチャイズチェーン(FC)加盟店の収益拡大の取り組みとして「複数店経営のオーナーを優遇」との回答が半数を超えた。24時間営業を巡る問題が表面化するなど出店拡大を成長の源泉としてきたビジネスモデルは転機を迎えている。成長に向けて従業員やオーナーの確保、省力化などが焦点になっている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1423文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン