李鵬元首相死去 「太子党」はしり、世襲の根深さ象徴

2019/7/23 22:11
保存
共有
印刷
その他

【北京=多部田俊輔】1989年の天安門事件で民主化運動への弾圧を指示するなど保守派の代表格だった李鵬氏。周恩来元首相に育てられ、革命戦争に参加した党幹部の子弟である「太子党」のはしりとして首相まで上り詰めた。息子と娘も「太子党」の代表であり、李鵬家は中国共産党が抱える「世襲」の根深さを示す。

【関連記事】
・中国の李鵬元首相死去 天安門事件で弾圧主導
・李鵬氏死去 「北戴河」前、長老の一角崩れ習氏に利…
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]