2019年9月17日(火)

電力、「甘い認識」のツケ 原発10基運転停止も
テロ対策施設が遅延

2019/7/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本の原子力発電所がテロ対策に手間取り、運転が危ぶまれている。再稼働を審査する新規制基準は、緊急時に備える施設の建設を電力各社に義務づけた。だが九州電力や関西電力、四国電力の10基が軒並み建設の遅れを公表。原子力規制委員会は6月、完成期限を超えた時点で運転停止だと断じた。政府は将来も原発を使い続ける方針を掲げるが、事業者とは危機感を共有できていない実態があらわになった。

難工事で「白旗」

四国電…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。