「1強」第四北越見据え 中小向け融資で勝負
大光銀 探る活路(上)

2019/7/24 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新潟県内地銀3位の大光銀行が営業力の強化へ動き出した。同行を突き動かしているのは長期化するマイナス金利に加え、経営統合した県内1、2位の第四銀行と北越銀行の存在だ。21年1月には両行が合併し、県内シェア5割超という「1強」の新銀行が誕生する。活路を探る大光銀の戦略と課題を追った。

「きっとお役に立てると思います」。第四北越フィナンシャルグループ(FG)発足直後の18年秋、中越地域のある製造業は、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]