/

この記事は会員限定です

キヤノン37%減益、300億円の改革費に込めた危機感

証券部 秦野貫

[有料会員限定]

キヤノンは24日、2019年12月期の連結純利益(米国会計基準)が前期比37%減の1600億円になる見通しだと発表した。従来予想は21%減の2000億円で400億円の下方修正になる。キヤノンにはデジタルカメラや事務機の需要低迷という逆風が吹き付ける。厳しさを自覚したキヤノンがあえて積み上げたのが、100億円の改革費用だ。

同日発表した19年1~6月期の連結決算をみると売上高が前年同期比10%減の1兆770...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1186文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン