北京汽車、ダイムラー株5%取得 EV開発協力か

2019/7/23 19:01
保存
共有
印刷
その他

北京汽車集団はダイムラーと長年の提携関係にある

北京汽車集団はダイムラーと長年の提携関係にある

【フランクフルト=深尾幸生、北京=多部田俊輔】中国国有自動車大手、北京汽車集団は23日、独ダイムラーの株式5%を取得したと発表した。長期的な戦略関係の強化が狙いだといい、両社は電気自動車(EV)などの開発や生産で連携を深めるとみられる。中国勢によるダイムラーへの出資は浙江吉利控股集団と合わせて約15%となる。

ダイムラーも同日、出資を歓迎すると表明した。北京汽車集団はグループの投資会社を通じて市場で株を取得した。5%のうち2.48%分は議決権を持ち、残りの2.52%分は議決権を取得する権利付きとなる。

北京汽車集団とダイムラーの関係は深い。同社によると、2003年から両社は提携関係にあり、合弁会社の北京ベンツで高級車「メルセデス・ベンツ」を生産してきた。13年には北京汽車集団の上場子会社、北京汽車にダイムラーが出資した。現在は9.55%を保有する。18年には北京汽車集団のEV子会社にもダイムラーが出資している。

ダイムラーにとって中国は乗用車販売の約3割を占める最大市場だ。近年は生産や販売だけでなく、EVなど新エネルギー車の開発でも北京汽車集団との協力を深めている。

ダイムラーは中国との関係を一層深める=ロイター

ダイムラーは中国との関係を一層深める=ロイター

北京汽車集団の徐和誼董事長は発表文で「今回の投資を通じて協力関係を深めたい」とコメントした。ダイムラーのオラ・ケレニウス社長は「長年にわたるパートナーの北京汽車集団が長期投資家になったことをうれしく思う」と述べた。

ダイムラーには、18年に中国民営自動車大手の吉利も10%弱を出資した。ダイムラーは北京汽車集団との関係が最重要と主張してきたが、小型車「スマート」事業を吉利との合弁に移すなど関係を深めている。北京汽車集団は今回の出資で、吉利に対してバランスを保つ狙いもあるとみられる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]