2019年8月23日(金)

改憲固執は関係発展妨害 中国シンクタンクが「日本青書」

2019/7/23 18:44
保存
共有
印刷
その他

【北京=共同】中国政府系シンクタンク、中国社会科学院日本研究所は23日、昨年の日本の外交・政治状況について分析した2019年版「日本青書」を発表した。楊伯江所長は安倍晋三首相が目指す憲法改正に触れ「もし改憲に固執するなら中日関係の安定した発展を妨げる」と強調した。

安倍晋三首相(左)はG20大阪サミットに先だって中国の習近平国家主席と会談に臨んだ(6月27日、大阪)=AP

安倍首相は22日の記者会見で国会での憲法論議の推進を呼び掛けており、改憲に向けた具体的な手続きが進めば、習近平(シー・ジンピン)国家主席の来年春の国賓訪日に悪影響を及ぼす可能性がある。

青書では日中関係について、李克強(リー・クォーチャン)首相の訪日と安倍首相の訪中が昨年実現し「8年にも及んだ激しく不安定で、ひどく悪化した関係はついに正常な発展の軌道に戻った」と指摘した。

また「米国第一」や保護主義的な通商政策を掲げ日中両国に圧力をかけるトランプ米政権が「中日関係の改善の過程で重要な役割を果たした」と紹介した。

日本人の中国に対する好感度が低いままであることについては「民間交流の強化が特に重要で急ぐべきだ」と訴えた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。