/

この記事は会員限定です

寄付のお礼は研究参加 「大学版ふるさと納税」広がる

[有料会員限定]

インターネット上で研究費の寄付を募り、お礼に研究への参加体験を提供する大学が増えている。好きな自治体に寄付をすると所得税などが控除される「ふるさと納税」に似た仕組みだ。グッズなどを作って返礼品にするより手間やコストがかからず、一般市民と触れ合うことで研究者の意欲も高まるという。

「弥生時代の遺跡に触れられる絶好の機会だ。ぜひ多くの人に寄付してほしい」。徳島大埋蔵文化財調査室の端野晋平室長は6月、学...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1744文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン