/

この記事は会員限定です

動物薬の日本全薬工業、人体用の医薬品に進出へ

[有料会員限定]

動物用薬の最大手、日本全薬工業(ゼノアック、福島県郡山市)は2021年をメドに人体用の医薬品生産に参入する。再生医療に使う「組み換えたんぱく製剤」を受託生産する。現在この薬の原料を生産しており、より付加価値の高い分野への進出で成長を目指す。人体用薬の生産に合わせて本社の生産体制を再編し、動物用薬の新工場を建設する。

組み換えたんぱく製剤は肝細胞増殖因子(HGF)と呼ばれる細胞の活動を活発にするたん...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り668文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン