/

この記事は会員限定です

メルカリ不正出品 火中の栗拾った「元マック」

メルカリ 野望と苦悩(4)

(更新) [有料会員限定]

メルカリ創業者の山田進太郎が不振の米国事業の陣頭指揮を執り始めた2017年春、順調に成長していた国内フリマ事業で、想像だにしなかった問題が発生した。発端はひとつのつぶやきだった。

「【悲報】ヤフオクやメルカリで現金の出品が続出、5万円が59500円に。深刻化する貧困ビジネス、理由は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4118文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ネット興亡記 第5部

インターネットが誰の手にも届くようになると、多くの若者たちがアイデアや技術力を武器に起業家となり、既存の産業界に挑んでいった。数々の新興企業が生まれ停滞する日本経済に新風を吹き込んだが、世界で戦える存在は皆無。そんな日本のスタートアップの景色を変えうる新星が現れた。フリマアプリのメルカリだ。ネット興亡記・第5部ではその野望と苦悩を描く。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン