18、19歳投票率、31.33%に低下 全体との差も拡大

2019/7/23 21:00
保存
共有
印刷
その他

総務省は23日、参院選での18、19歳の投票率(選挙区=速報値)を発表した。18歳以上に初めて選挙権が適用された前回2016年よりも15.45ポイント低い31.33%だった。全体の投票率48.80%との差は17.47ポイントに広がった。10歳代が関心を持つテーマに乏しく、投票が伸びなかった。

18、19歳の投票率は、総務省が全都道府県から投票率が標準的だった188の投票区を抽出し、有権者数1万1…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]