福島第1原発、廃炉工程表改定へ 全体像が必要
直談 専門家に問う

日経産業新聞
2019/7/24 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は年内にも東京電力福島第1原子力発電所の廃炉に向けた中長期の工程表を改定する見通しだ。事故から8年がたち、トラブルが相次ぐなど廃炉の難しさが浮き彫りになった。日本原子力学会で福島第1原発の廃炉検討委員会の委員長を務める法政大学の宮野広客員教授に廃炉のあり方について聞いた。

――2年に1度の廃炉工程表の見直しが予定されています。

「全体のシナリオを作って、どんな課題があり、いつまでにどのような…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]