秘密情報の扱いに信用を 客員論説委員 土屋 大洋

2019/7/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

あるサイバー攻撃事案で報道が過熱していた数年前、退役した米軍幹部に「米国政府は他国を非難するが、本当に証拠はあるのか」と尋ねた。すると「君はセキュリティークリアランスを持っているか」と聞き返された。

安全保障や情報機関の世界では、必知事項(ニード・トゥ・ノウ)という原則があり、知る必要がある人、知る資格がある人しか秘密に触れることはできない。その資格を規定するのが「セキュリティークリアランス」と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]