朝収穫の枝豆、空輸で都内飲食店に 秋田犬ツーリズム

2019/7/23 16:57
保存
共有
印刷
その他

DMO(観光地経営組織)の秋田犬ツーリズム(秋田県大館市)は朝収穫した新鮮な枝豆を空輸し、東京都内の飲食店の夕食に提供する取り組みを始める。29日から8月末まで計10店に販売する。生の枝豆のおいしさを知ってもらうことで、大館産枝豆のブランド価値を上げる狙い。

空輸する大館産枝豆をPRする関係者(秋田県大館市)

午前9時までに収穫した枝豆を6度に保った蓄冷コンテナで出荷。大館能代空港から羽田空港に空輸し、午後4時までに飲食店に届ける。「朝採れ枝豆」の名称で1日50キログラムを販売する目標だ。

居酒屋「AKITA DININGなまはげ銀座店」(中央区銀座)、イタリア料理店「ラ・チャウ」(港区芝浦)、フランス料理店「アムール」(渋谷区広尾)などが参加する。提供店舗は特設サイトで紹介する。

大館市内の飲食店でも同様のキャンペーンを実施する。今回の取り組みには同市内のファーム畠山、佐藤ファームが参加する。秋田犬ツーリズムは食を通じて地域の知名度を上げ、観光客を増やす戦略だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]