/

この記事は会員限定です

南都銀、副頭取に元金融庁幹部 「純血主義」限界

[有料会員限定]

奈良県を地盤とする南都銀行が大胆な経営改革に乗り出している。6月下旬には元金融庁地域金融企画室長の石田諭氏を副頭取に迎えた。店舗の統廃合や営業体制の抜本的な見直しも進めている。橋本隆史頭取に改革の狙いと課題を聞いた。

――なぜ元金融庁の石田氏を副頭取に迎えたのか。

「南都銀のモニタリングなど金融庁との関係で3年前に彼と知り合った。色々と議論してきたなかで『頭取の前で意見を言えない組織だ』といった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り958文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン