販売時は「切り土」 地震で発覚した誤りに住民激怒

北海道地震
コラム(テクノロジー)
2019/8/20 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

住宅会社への怒りを爆発させているのは、2004年に建築条件付きで販売され、18年9月の北海道胆振東部地震で不同沈下した住宅地の住民たちだ。

■実際は盛り土だった

場所は、大規模な液状化現象が発生した札幌市清田区里塚地区の古い造成地に隣接する区画。大手住宅会社が販売し、築12年~14年を迎えた27戸の軽量鉄骨造住宅が立ち並ぶ。

地震によって3住戸で半壊以上、2住戸で一部損壊、3住戸で一部損壊未満の沈…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]