/

この記事は会員限定です

ブドウや販路確保に奔走 はちのへワイナリー・亀橋進社長

キーパーソン

[有料会員限定]

青森県八戸市のワイン産業創出プロジェクトを担う一社、はちのへワイナリー(同市)が建設していた醸造工場が6月末に完成した。これまで委託生産していたワインを自社醸造に切り替え2019年内にも出荷する。亀橋進社長にワイナリーの経営方針を聞いた。

――ワイン事業への意気込みを教えて下さい。

「スタート地点に立てた。ワイナリー事業は100年事業。自分の代で花は開かないかもしれないが、しっかりと後世につないで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り612文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン