2019年8月26日(月)

8/26 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 人口減時代でも伸びる街 沖縄・福岡…[有料会員限定]
  2. 2位: 米中対立激化でNYダウ急落 米市場関係者の見方[有料会員限定]
  3. 3位: 米中対立で株安・円高リスク強まる 市場関係者の見方[有料会員限定]
  4. 4位: [社説]通貨の未来を考え、備えよう[有料会員限定]
  5. 5位: 米中対立激化、強まる株安・円高リスク[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,741,290億円
  • 東証2部 67,983億円
  • ジャスダック 86,195億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.11倍 --
株価収益率13.35倍13.19倍
株式益回り7.48%7.58%
配当利回り2.14% 2.15%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,710.91 +82.90
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
20,720 +100

[PR]

スクランブル

フォローする

見放された銀行株、米利下げで底探る市場
証券部次長 田口良成

2019/7/23 17:07
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米連邦公開市場委員会(FOMC)を来週に控え、23日の株式市場では薄商いが続いた。米利下げ幅に関心が集まる中、長らく割安に放置されてきた業種の底値を探る動きも出始めた。くしくもFOMCと同じ時期に2019年4~6月期決算を発表する大手銀行株だ。浮上のきっかけをつかめなければ低迷がさらに長期化する恐れがある。

日経平均株価は反発したが、引けにかけて上げ幅を縮めた。「米金利の底がみえないと動きにくい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。