中国・深圳、イノベーションが躍る街(IN FOCUS)

IN FOCUS
2019/7/27 4:11
保存
共有
印刷
その他

小学校の校門に設置された顔認証ゲートを通って登校する児童(中国・深圳)

小学校の校門に設置された顔認証ゲートを通って登校する児童(中国・深圳)

6月末の平日朝、中国・広東省深圳市の小学校を訪れると、日本にはない光景が広がっていた。登校してきた児童は校門で顔認証用の黒い画面をのぞき込み、門が開くのを待つ。不審者の侵入を防ぐだけでなく、保護者のスマートフォンに無事に登校したことを知らせる機能がある。

スタートアップが集まる「深圳湾創業広場」に設置された看板には80以上の企業名が記されていた

スタートアップが集まる「深圳湾創業広場」に設置された看板には80以上の企業名が記されていた

この顔認証システムは人工知能(AI)を教育に応用する一環で、深圳に本社を置く中国IT(情報技術)大手、騰訊控股(テンセント)が開発した。市内の有力学校が2018年夏から順次導入。外国語会話の能力、運筆の正確さなどをAIで測定する教材も実用化している。

複数のビル壁面につけられたLEDによって一体化した映像を流すライトショー

複数のビル壁面につけられたLEDによって一体化した映像を流すライトショー

スマホなどIT機器の工場が集積する深圳は「世界の工場」の中心だった。人件費が高騰した10年ごろから工場は内陸へと徐々に移り、世界でも有数のイノベーションの街へと変貌している。得意のITを生かした無人コンビニエンスストア、自動運転バスなどの新サービスの社会実装が街をあげて進む。

5G通信機器や各種レーダーを搭載した自動運転システムで公道を走る「アルファバス」

5G通信機器や各種レーダーを搭載した自動運転システムで公道を走る「アルファバス」

小さな漁村だった深圳は1980年に中国初の経済特区に指定され、発展の軌道に乗った。改革・開放の「実験場」には、中国全土から人材が集まった。このため深圳市民は平均年齢が低く、「新しい技術への許容度が高い」(無人コンビニ「11分便利店」の担当者)という特徴がある。

店舗ドアの解錠や決済をスマホの専用アプリで行う無人コンビニ「11分便利店」

店舗ドアの解錠や決済をスマホの専用アプリで行う無人コンビニ「11分便利店」

コンビニ内に並ぶ商品はタグが付けられ、奥にあるレジで電子決済を行う

コンビニ内に並ぶ商品はタグが付けられ、奥にあるレジで電子決済を行う

深圳はテンセント、通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)など民営のIT大手を送り出してきたが、現在もスタートアップ企業が続々と生まれている。米国も警戒する中国のイノベーションの力は共産党・政府の支援策ばかりでなく、こうした現場での取り組みが一翼を担っている。

文 アジアテック担当部長 山田周平

写真 寺沢将幸、 樋口慧

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]