2019年8月20日(火)

英与党党首にジョンソン前外相 24日に首相就任へ

英EU離脱
ヨーロッパ
2019/7/23 20:05
保存
共有
印刷
その他

英与党党首に選出されたジョンソン前外相=AP

英与党党首に選出されたジョンソン前外相=AP

【ロンドン=篠崎健太】英国の与党・保守党は23日、メイ首相の後任を選ぶ党首選の結果、ジョンソン前外相を新党首に選んだと発表した。24日に首相に就く。党首選は欧州連合(EU)からの離脱方針が最大の争点となり、ジョンソン氏は10月末に合意なしでも離脱すると訴えてきた。メイ氏が目指した穏健路線の修正は確実で、産業界や市場は「合意なき離脱」への懸念を強めている。

ジョンソン氏は結果発表直後の演説で「我々は国を元気づけていく。10月31日にEU離脱をなし遂げる」と語り、10月末のEU離脱の実現に改めて意欲を示した。

ジョンソン氏は約16万人の保守党員による党首選の決選投票で、ジョンソン氏が9万2153票を獲得し、ハント外相の4万6656票に2倍近い差を付けた。所属下院議員による投票を経て候補者を2人に絞り込んだ後、約1カ月にわたって英各地で選挙戦を展開してきた。

ジョンソン氏はEU離脱派の筆頭格で、2016年の国民投票では離脱キャンペーンを率いた。メイ政権で外相に就いたが、離脱方針に反発して18年7月に辞任した。党首選では「合意があっても無くても10月末で離脱する」と訴え、合意なき離脱も辞さない立場を繰り返し強調してきた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。