2019年9月15日(日)

宇宙飛行士の野口さんら大使、東京五輪の聖火リレー

2019/7/23 11:31
保存
共有
印刷
その他

2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は23日までに、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙飛行士、野口聡一さんと星出彰彦さんが聖火リレーの「スペースアンバサダー」に就任したと発表した。

聖火リレーのスペースアンバサダーに決まった野口さん=JAXA提供

聖火リレーのスペースアンバサダーに決まった星出さん=JAXA提供

2人は19年末から20年にかけて国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在する予定。ISSから応援メッセージを送るなど聖火リレーの盛り上げに協力する。

野口さんは「聖火の源である太陽の光に最も近い場所であるISSから日本全国を巡る聖火リレーに熱い応援を送りたい」、星出さんは「皆さんと一緒に、未来に向けて『きぼう』をつないでいきたい」とコメントした。

野口さんはフライトエンジニアとして19年末から、星出さんは船長などとして20年5月ごろから、それぞれ約半年間ISSに滞在する予定だ。

聖火リレーは20年3月26日に福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」(楢葉町、広野町)からスタートし、7月24日に東京都庁でゴールする。14年ソチ冬季五輪ではISSに滞在するロシア人宇宙飛行士2人が、トーチと共に宇宙遊泳する演出があった。

聖火リレー公式アンバサダーには2人のほか、女優の石原さとみさんやお笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきおさん、富沢たけしさんら5人が決まっている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。